我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

銀ママが2頭目の預かりを始めました。 お名前はチャロ君。

tyarokunn.jpg

飼い主が保健所に持ち込みました。

基本 保健所は飼い主持ち込みのワンコは翌日殺処分です。
飼い主の持ち込みワンコは迷い子情報に載る事もありません。もちろんです、迷い子ではなのですから・・・
たとえ 犬好きと称する人が 迷い子にして保健所にいても ボラさん達に助けてもらえるのは ほんの一握りです。

そして安楽死と言う二酸化炭素による窒息死で処分されます。その後 焼却ですが、小型犬、小猫は致死量に達するまでに時間がかかり 時間内に死にきれず意識があるまま焼かれる事も多いと聞きます。

でも保健所が悪いわけではありません。職員さん達もイヤだと思います。悲しいと思います。


偶然 銀ママが保健所で出会ってしまい 偶然引き出す事ができた運の強い子なんです、チャロ君は。

銀ママはジジちゃんという可愛いぬいぐるみのよーなポメの預かりをしている事もあり 随分悩まれたと思います。

預かっり子というのは どんなに良い子でも 『一度飼い主に捨てられた』というトラウマを抱えてます。
隣のお家の子を預かるのとは 全然違うのです。心のケアをしていき 体のケアをしていき 好きな物 嫌いな物
他に病気はないか・・・・どんな里親様が良いのか・・・

大変だと思いますが 銀ちゃんと同じヨーキーさんだから たまらないんでしょうね。

11歳のチャロ君 チョットお年は召してますが 健康優良児の

性格も花丸のようです。
ttttinn.jpg

30日の豊田の譲渡会にも参加の予定です。 ジジちゃん、チャロ君のブログです。チェックしてみてください。 

犬好きと称している人が 犬をこんな風に悲しませてる現実はいつまで続くのでしょうか。。。
 
スポンサーサイト
2011.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/78-02df4aa9