我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

今日はあずきの百箇日です。
         
          1あずき

早いですね~

あの日から もう百日が過ぎたという事です。


あんなに悲しくて 悲しくてたまらなかったのに 今は少し落ち着いています。
日にち薬とは 本当によく効きます。


百箇日は卒哭忌(そっこくき)とも言われるそうで 「哭」は、声をあげて泣きさけぶ「卒」は終わる、という意味のようです。
故人を思い、泣き悲しんでいた親族や近親者たちも泣くことをやめる頃、それが百箇日を迎える頃だ、ということから卒哭忌と言われるようになったとのことです。

四十九日は長かったけど 百箇日は早かったかな・・・そんな印象です。

                 azuki2.jpg

心臓が悪い子の最期は 色々聞いてましたが あんなに苦しむとは 思ってなく・・・

苦しみながら逝ったあずきが 保健所で苦しみながら殺処分される子と同じに思えてしまって・・・


あの頃は どうして あずきがそんな思いしなくちゃいけないのか・・ていう事ばかり思ってました。


かと 言って また 我が家の誰かがあんな風に苦しんでいる時 安楽死を決断できるのか 迷ってしまいますが・・

そして もうこんな悲しい思いをするのは 嫌だ・・って 思いながらも みゅうを手放す事が 出来ない私がいて・・・


           あずき3


でも 今は あずきが苦しみから解放されて 自由にお空で走りまわってると信じたいです。

スポンサーサイト
2012.02.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/287-b8584691