我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

先日 眼科の専門医にモフルンの目を診てもらいました。



20170615_095333_convert_20170616095255.jpg
病院で呼ばれるのを待ってるモフちゃん



白くなってる右目は白内障です。

4段階あるうちの4です。

もう視力はありません。


これからの治療は

眼内炎症や合併症(緑内障、網膜剥離、水晶体脱臼など)を

防ぐために 消炎治療の目薬をさしていきます。

非ステロイド性抗炎症点眼薬とヒアルロン酸の点眼薬2本です。

ちなみに今回頂いた目薬は 

1本 1,000円と1,200円の2,200円でした。

朝晩の2回です。



右目も白内障が始まってるそうです。

4段階のうちの2です。

でも モフルンの場合

シーズーやトイプードルに多い体質だそうですが

眼球の裏の方にある硝子体が脱出してるそうで

そういう子は 白内障を遅らせる目薬を差しても

進行を止めることはできないそうです。

なので 当面は 何も治療せず

白くなり視力をなくしたら

右目と同じ目薬をさしていくといことです。



20170615_095525_convert_20170616095310.jpg
ちょっと不安げ~ ドキドキ~





いつかはわかりませんが

多分モフちゃんは

両目が見えなくなるのかな。。。




我が家から卒業したバンビもそうでした。

でも

バンビ ぶつかったりはするけど

普通に過ごせていたから

仮母はそんなに心配してません。




反対にモフルンは 

お散歩でガウガウいう事がなくなるかな。。。




お手入れが苦手なモフちゃんだから

きっと目薬も怒るかなぁ。。。と思って

とりあえずご機嫌をとって(笑)

お姫様抱っこして 遊びながら

プシュ~って

バッチリ


20170615_172124_convert_20170616095355.jpg





お姫様抱っこされたいばかりに

喜んでやらせてくれます。

うちの子より 全然いい子です。





ハンデが出来てしまったモフルンですが

すべてを受け止めてくれる

里親さまに会えるまで 頑張ります。



アッ

若年性白内障。って うたってますが

若年性というのは1~2歳のことで

5歳過ぎた子には使わないそうなので

プロフィール 訂正しました(笑)









スポンサーサイト
2017.06.16 / Top↑