我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

今日は雛祭りですね~

我が家にも可愛い姫たちが居ますので

可愛いお雛様たちが 来ています


P1150562_convert_20160303172420.jpg

     P1150559_convert_20160303172330.jpg

我が家の姫たちも 殿たちも

末永く健やかにすごせますように・・・







最近 嬉し事に

TVなどで保護犬の事を取り上げてくれたりするからか

保護犬を迎えてくれる家族が増えて来てます。




ともnetも先日の譲渡会で準備中になのに

お店の前には結構な人だかりで

スタッフたちも感謝でビックリな状態でした。




でも
保護犬を迎えるにあたって 

どこの団体さんも譲渡条件があると思います。

これが 案外メンドクサイ(笑)って 言われます。

個人情報丸出しですし・・・



 
それでも この子が欲しい。って 言ってくださる方に

お譲りしたいのです。



もちろん ともnetにもあります。




その中に


先住犬・猫がいる場合は 避妊・去勢がしてある事。
もちろん 
事情がある場合(高齢とか持病がある場合)は別です。



これが なかなかの難関でして。

他の団体さんにはないのかな?


理由を聞くと

「健康な体にメスをいれたくない」が一番です。

特に 
1頭飼いだとそんなに不便はないのかもしれませんね。



確かに 麻酔のリスクはあります。

けど
若いうちなら リスクも少ないと思います。




あと

保護犬が避妊・去勢してるのだから

子供は出来ないないだろう。。。

って 言われます。





それはそうなんですが

そこじゃないんです。



私たちは 避妊・去勢をする事によって

無駄に命を増やさない。

新しい命を迎えたいのなら 

保護犬にも目を向けて欲しい。

保護犬にもっとチャンスを与えてほしい。


という気持ちでやってます。




なので
避妊・去勢を否定する方は

私たちと 想いが違うので 

お断りさせて頂いてます。


あと 
避妊・去勢をする事で

防げる病気がいっぱいあります。

女の子に多い 乳腺腫瘍、子宮蓄膿症。

男の子には 前立腺癌。

それから
男の子は 去勢してなと年中発情期です。

お散歩の時に ヒート中の女の子に会ったり

ヒート中の女の子が通った道を通るだけでも

興奮して 手からリードが離れたりしたら大変な事になります。

今いるビスケットも

去勢する前は ベッドや毛布に ずっと腰を振ってたり

誰か乗っかれる相手はいないか ソワソワしてましたが

去勢した途端 全くそういう行動はなくなり

落ち着いて とっても可愛くなりました。


マーキングも断然減ります。



人間の都合で 避妊・去勢してる。って言われるかもしれませんが

犬や猫は 飼い主なし(人間なし)では生きていけません。

自分ちの子を守るためにも 飼い主が責任を持って

快適に過ごせるよう考えてあげないといけません。




私は 自分ちの子を守るためにも

避妊・去勢は必要だと思ってます。




スポンサーサイト
2016.03.03 / Top↑