我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

先日 ともnetに 
5頭の繁殖犬引退?なわんこが入ってきました。

アニサポさんでの
「引き取り屋」からレスキューされた子たちです。




彼や彼女たちは 今まで

暗くて 汚くて 臭くて 
暑くて 寒くて・・・

そんな場所しか知らず

そんな境遇でも
不満にも思わず

ただひたすら、
少しのご飯を待っって・・・



私が いつも預かるような小さな子や
シニアは
レスキューまで待てず・・・
次から次へと
命を落としていったらしいのです。


今回 
運よく助かった子たちは
自然淘汰された亡骸と一緒の
汚いゲージにいたそうです。





汚い環境の中で 病気もケアされず
栄養のないご飯を食べていた母犬たちが
ヒートがくるたびに 休む事なく
子供を産まされ・・・・



そんな母犬が産んだ子犬が
ペットショップに並んでいるのです。


そんな母犬が生んだ子犬だから
栄養も行き届かず 子犬は小さい。

小さいとより高く売れるらしいし。


そして
インチキな血統書が付いて、
ペットショップに並んでいるのです。




ジュリーはペットショップから買いました。

ジュリーが生後50日くらいの時で

『血統書なし〇〇〇円ー』って 
小さなキャリーケースにいました。


お金を支払うとき
ペットショップのおじさんに
「血統書が欲しければ 2万くらいでつけれますよ」って。

ビックリの世界でした。

そういう世界なんだと。


もちろん 
ジュリーは血統書はありません。

だからといって 
不自由した事はありません。





需要と供給。

買う人がいれば なくなりませんよね。



もう 
いい加減ペットショップに行って
犬を買うのは やめませんか?


無駄に命を生み出す事はやめませんか?




犬と暮らしたいなら
いらないと言われた命にも
目を向けてください。



保護犬を迎えないであっても
せめて
母犬の顔がわかる所から 迎えてください。



そこから始めないと
罪もない命で
荒稼ぎする輩が減りません。


そういう輩が 
美味しいご飯を食べてるいるのは
許せません。









スポンサーサイト
2015.11.10 / Top↑
TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/1253-3097d0e8