我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

アニコミ・バンビ編です

もー胸が キュンキュンしちゃいます。


P1140341_convert_20151028220354.jpg




——こんにちは。

バンビちゃん(以下バンビ):こんにちは。

——お話できるかな?

バンビ:うん!

——お話、好きそうだよね。

バンビ:うん!
    いっぱいお話できるよ。

——そう。じゃあよろしくね。
  体調はどう?
 
バンビ:いいかなぁ。

——いいの?

バンビ:うん。特に気にならないかなぁ。

——そう?

バンビ:うん。

——腰とか足はどうかな?(何となく気になったので聞いてみました)

バンビ:こんな感じだよ。

——そう?

バンビ:うん。

——目の調子はどう?

バンビ:お目々は見えなくなったよねぇ。

——そうね。不自由はしていない?

バンビ:あんまり気にならないよぉ。

——そう?
  痛みとか感じることはないのかな?

バンビ:目薬がすこおし、しみることがあるけど、痛くないよぉ。

——我慢はしていない?

バンビ:うん。大丈夫。

——ごはんは美味しい?

バンビ:おいしいねぇ。
    いろいろ食べられるの、うれしいよね。

——そう?

バンビ:うん。

——前は食べられなかった?

バンビ:そうだねぇ。
    くさいのを少しだけだったから。
    ごはんの上に何かのせてもらったり、
    おやつもらったりすること、なかったよぉ。

——そっかぁ。
  我が家へ来る前はどんな暮らしをしていたの?

バンビ:ちっこい子たちと一緒だったよ?

——子犬?

バンビ:ちがうよ。
    ぼくみたいな、小さめの犬たちだよ。

——お庭とかで遊んだ?

バンビ:えーと。
    お庭はなかったかなぁ。
    お日さまは入っていたけど、おうちの中だったよ。

——たくさん犬はいた?

バンビ:ううん。ここと同じくらいかなぁ。

——7〜8匹?

バンビ:うん、たぶんね。
    見かけたのは、それくらいだったよ。
    もしかすると違う部屋にいたかもしれないけどね。

——そうか。何か覚えていること、他にある?

バンビ:えーと、ごはんは、くさかったよぉ。
    でも、お腹空くから、何でも食べるよぉ。
    それから、友だちもいたよ。

——友だち?

バンビ:うん。
    (ヨークシャーテリアのイメージ)

——ヨーキーの?

バンビ:うん。
    おねえちゃんみたいな子だったよ。
    ここんちのジュリーちゃんみたいな感じ。

——犬たちのリーダー?

バンビ:えーと、(その子の場合は)
     リーダーって言うのとはちょっと違うけどね。
    いろんなことを教えてくれたんだよ。

——どんなこと?

バンビ:ジェシーね。
    ジェシーって、その子の名前だよ。
    ぼくたち、名前はなかったみたいだな。
    自分たちで名前を付けたよ。
    その子はジェシーで、ぼくはソーン。

——ソーン?

バンビ:うん。ソーイだったかも。
    ジェシーが言ったんだ。
    ちゃんと食べて、生き延びなさいって。
    いつも笑っていなさいって。

——そうなの?

バンビ:うん。
    ぼくは笑顔にさせることが出来るんだって。

——だれを?

バンビ:人を。

——そうなのね。

バンビ:うん。
    だからね、
    楽しく笑っていると、きっといいことがあるよって。

——教えてくれたの?

バンビ:うん。
    それにね、
    ぼくも生きてる。って
    とっても楽しいよねぇって思っているよ。

——そっかぁ、そうだよね。

バンビ:うん。

——イヤなこともあったんじゃないの?

バンビ:わかんないや。

——暴力は?ふるわれたことある?

バンビ:ぼくはないけど、
    鳴き止まない子は殴られたりしていたかなぁ。

——それでも笑っていられたの?

バンビ:うん。

——立派よね。
  迷子になったのは、どうしてか分かる?

バンビ:車に乗ってね、お出かけをするんだと思ったよ。
    他の子も少しいて、ウトウト眠くなってきてね、
    気づいたらひとりだった。

——そっかぁ。ジェシーちゃんとも別れちゃったのね。

バンビ:うん。
    でもね、心に住んでいるよ。

——心に住んでる?

バンビ:うん。ジェシーもういないんだ。

——死んじゃったってこと?

バンビ:うん。でも、心に住んでる。

——そうか。あなたが生き延びてきた支えだったのね。

バンビ:そっかなぁ。そうかもね。

——仮父によく吠えるけど男の人は苦手?

バンビ:へへへ。

——なーに?

バンビ:苦手だけど、うれしい。

——どういうことかな?

バンビ:みんなが興奮してるから、
    それが伝わってきて、興奮してくる。
    ワクワク、楽しい?
    でも、何かちょっと男の人苦手だし、
    だけど、みんな楽しそうだし、
    いろんな気持ち、いっぱいになって、
    ワーってなって、
    吠えちゃう、みたいな?

——男の人は苦手なのね。

バンビ:こわいなぁって思うことある。
    でも、みんな、おとーさんって言うし、
    怖くないって言うし、
    なんだかよく分かんないなぁ。

——そっかぁ。
  どんな家族の所に行きたい?

バンビ:ぼくね、夢があるの。

——どんな夢?

バンビ:ぼくね、ジェシーにも言われたけど、
    笑顔にさせるんだ。

——だれを?

バンビ:みんな。

——素敵よね。

バンビ:うん。
    心にね、
    悲しいことやいろんなこと
    いっぱいある人のそばで、
    笑顔を見せて、
    一緒に笑顔になるんだ。
    そういうのが夢なの。

——そうなんだね。

バンビ:うん。
    子供でもおじいさんでも
    笑顔になるのが夢なんだ。

——小さい子でも?

バンビ:うーん、あんまり小さい子は、難しいよねぇ。

——学校に通うくらいの子?

バンビ:そうだねぇ。
    みんなで笑顔になろうねって思っている所。
    優しく笑ってくれる所。
    そういうとこが、いいなぁ。

——そっかぁ。そういう家族、逢えるといいよね。

バンビ:うん!

——あなたは今、しあわせ?

バンビ:うん。
    今も、いつもしあわせ。
    たのしいよ。

——そう。
  他に何か伝えたいことはある?

バンビ:いつもありがとー。
    ぼくは、とっても楽しいなぁって思ってるから。
    仮だけどおかあさんも、楽しいなって思っていてね。
    ここんちの、のんびりした雰囲気、好きだよ。
    心、ラクだよね。

——ありがと。
  お話もありがとう。

バンビ:うん!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


先日 おどりまゆみさんに お会いした時
「バンビが 何かお話しがあるみたい。。。」 って
おっしゃってて・・・

ジェシーの事だったのかなぁ・・・



バンビを連れていると

犬に興味がない人でも 

老若男女問わず

どんな人からも

絶対がつくほど

笑顔で『かわいい~』って 言われます。



バンビの存在自体が 笑顔を運んでくれるのです。





『悲しいことやいろんなこと
    いっぱいある人のそばで、
    笑顔を見せて、
    一緒に笑顔になるんだ。』

って バンビは言ってますが


ただね。。。
仮母としては

悲しい事や 色々いっぱいある人には
バンビは渡せません。




バンビには のんびり まったり

楽しいことだけを考えながら 過ごして欲しいなぁ


ちなみに
ソーンとかソーイ。って 呼んでみましたが
反応なかったのですが

ジェシーって 呼んだら
クルクル回転始めて ビックリ


それから 少し時間たってから また
ジェシー。って 呼んだら

ジィーと 目をそらさず 私を見ているので。

まるで
「おばちゃん、ジェシーは ここには居ないよー」って 
言ってるみたいでした。


偶然かもしれませんネ☆






スポンサーサイト
2015.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/1249-67ed203d