我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

以前にも書きましたが

我が家のみゅう 寝てると尿もれをするのです。

ほとんど毎晩です。

2キロの子の尿もれなので 大型犬に比べれたら
きっと 少ないとは思うのですが

それでも
お尻やら足やらの毛が濡れて・・・
下半身だけ シャンプー。。。て 事が多いのです。

みゅう自身も 自分の意とは別に漏れてるので
不安な顔をしてるのです。

なんとか治してあげたいと思って 
かかりつけの病院に相談してましたが


西洋医学では

膀胱炎ではない。結石ではない。血尿もしてない。
ってなると
命に関わるような事じゃないから。。。。 

避妊後で よくあること。
ホルモン調整の薬で治る。って 言われました。

臆病な私は みゅうに
ホルモン系の薬を飲ませる勇気もなく・・・




P1130333_convert_20151011154739.jpg





そんな時
フチゴロウさんに誘われた
東洋医学須崎先生のセミナーに参加してみました。


セミナー中 先生は
『尿もれは 100%治る』 って までおっしゃる(笑)


そこまで自信満々でおっしゃるなら
我が家の大切なみゅうの尿もれを
治してもらおうじゃないの って なりますよね・・・



で 
2カ月おきに 
羽島まで来られる先生の診察に申し込んだのです。


もう ドキドキでした

なにせ 先生
「多頭飼いや 保護犬がいる家の子は診察しない。」って 
憎い事をおっしゃるから^^;;

我が家 2頭や3頭の多頭じゃないし
保護犬だって2頭もいるし


でも 結局
家族構成も何も聞かれませんでしたけど・・・




結論から言いますと

みゅう 
尿もれ 治ったので~~~す

私が一番信じられませんが。




P1130334_convert_20151011154803.jpg



最初に 
私が色々質問して カウンセリングしてもらいます。

尿もれ以外も 色々質問しました。

食べ物に すごい執着があり
時々 興奮しすぎて?癲癇みたいになる事。


保護当時は ハゲハゲカイカイだったから
皮膚は弱い子じゃないのか。
とかとか

10分単位で 診察料金が アップしていくから
早口で どんどんしゃべりました(笑)


それから バイオレゾナンス(周波?波動?)でみゅうを診察してもらい
治療にはいりました。

この診察で 未病もわかるそうです。


バイオレゾナンスにアンテナが付いてるのですが
健康な子だと 綺麗な楕円形を描きます。

みゅうは どこを診ても 綺麗な楕円形を
リズムよく描きます。


先生が
「お母さん みゅうちゃんを抱っこしていいですよ~」って
言われ 私が抱っこすると
その楕円形が とっても小さくなり・・・

「みゅうちゃんより お母さんの方が体調悪いですよ~
みゅうちゃんは どこも悪くないですよ~」って^^;;;

「お母さん
半身浴をしっかりして 体を温めてください。」って^^;;






あと 臨界水『みゅうブレンド』を作ってもらい

P1130917_convert_20151011154500.jpg


P1130916_convert_20151011154620.jpg
でも みゅうブレンド
私もジュリーも飲んで良いみたい(笑)



臨界水を注射器で 
患部に直接注入してもらいます。

みゅうの場合 陰部付近だったので
私は大騒ぎしてしまいましたが^^;;;
本犬は 普通でした(笑)



あとは 飼い主としては
この臨界水を飲み水に入れたり
薄めて噴霧して部屋の除菌をしたり
アロマディフューザーで吸引したりすると良いそうです。



P1130336_convert_20151011154828.jpg




みゅうの尿もれは
全身にカンジタの感染があり 
それに対して白血球が正常に戦かった結果として
色々な異常物質が増加し 
それらの異常物質(大まかにいうとカビ)が
特に泌尿器、そのあたりのリンパに強く 原因となっている。

なので 
泌尿器のカビを取り除く治療をしましょう。

腫瘍系反応物質は なし。


でした。


そして 今後 飼い主としてはやっていくのは

生活環境中の菌を減らす。
もちろん無菌室なんてできないので
多少の菌に打ち勝てる体を
手作り食でつくる。
あとは 
口内ケア。
歯周病は 万病の元。。。。



診察の帰り道
不安な私に付いてきてくれたフチゴロウさんと
「怪しげな診察だったねぇ・・・」な~んて
笑いながら話してたけど

みゅう 治ったんですよ~
時々 下半身を舐めてるし
床が 湿ってる時もあるので
まだ 完治ではないかもしれませんが

今までの事を思うと  大満足です。



尿もれで悩んでいる飼い主さん
尿もれは 治るんですよー




P1140066_convert_20151011154646.jpg
診察後 レポートが来ます




西洋医学と東洋医学。
今回 
初めて東洋医学の診察をして頂きましたが
始めは 疑ってました。
正直 胡散臭いと思ってました。


でも
『なんちゃって東洋医学』が多いなか
本物の東洋医学に会えて 幸せです。


まっ
飼い主としては 
西洋だろうが東洋だろうが
薬を使わず 怖い思いをさせず
治せたら
なんだって 良かったんですよね~(笑)


飼い主は 
再発しないよう がんばりま~す



スポンサーサイト
2015.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/1237-224f8267