我が家の5匹の愛犬の日ごろとレスキューされた犬の新しい家族を捜してます。

P1130316_convert_20151022191418.jpg




アニマルコミニュケーション 今回はだいふくです。

だいふくは我が家の末っ子で
ヤンチャな面もあるけど そこがまた可愛いでんすよね~

いつも 預かりっ子の指導係をやってくれて
良い事も イタヅラも教えちゃいます(笑)







——いつも新しい預かりっ子が来ると、
  だいちゃん進んで指導係してくれるよね?
  お母さんスッゴク助かってる。



だいふく:えへへ(照れる)


——どうして、進んで動いてくれるの?


だいふく:それはね。

      たくさん、しあわせになってほしいからだよ。


——そんなこと考えてるの?


だいふく:まあね。

      新しい子たち、最初、とっても不安なんだよね。

      ぼくたちの家なら、いいよって。



——そうなのね。

 
だいふく:うん、。

     他の子(もなかやあんず)は
     みんな観察してたりする方が好きみたい。


——そういうとこ、あるわね。


だいふく:うん。

     ぼくは好奇心旺盛だから、

     気になることあったら近づいたり、

     確認したり、挨拶したりするんだ。


——こわくない?


だいふく:うん!

     気になるじゃん。



——気になるよね。


だいふく:でしょ?




——あと お客さんが来るといつも率先してどんな人か偵察にいくけど。



だいふく:それも同じだよ。

     気になるときは、自分から動かないと。




——そうね。でもそうしない子もいるよね。




だいふく:いるね(笑)




——あなたは動く方なのね。




だいふく:うん、そう。




——ジュリーから(偵察を)命令されてる?(笑)




だいふく:ジュリー(さん?)が、行ってこいとは言わないよ。

     でも、気になっているみたいだから、

     ぼくが行くんだよ。




——無言の命令かしら?



だいふく:そうかぁ、そうだね。




——なるほどね。

  他にも何か指令を受けてる?




だいふく:うーん。

     特にはないけど。

     動ける子は、動いたほうがいいよってことかな?






——お散歩の時ワンコさんに会うと戦闘態勢になるけど、どうして?
 


だいふく:まあ、これも、好奇心が旺盛だからだよね。



——好奇心旺盛なんてよく知っているわね。


だいふく:うん!

     ジュリーちゃんに教えてもらった。

     (ジュリーさんと呼んだり、ジュリーちゃんと呼んだり、いろいろです。

      なんとなく、ちょっと高い存在なのかな?)


     難しいことは分かんないけど、

     ぼくみたいな子は、好奇心旺盛だって言ってた。



——そっか。

  で、好奇心旺盛だから、戦闘態勢?



だいふく:うーん、こればっかりは、ぼくだけじゃないんだけどな。








——ジュリーもうおじぃちゃんだから優しくしてあげてね。




だいふく:うん!

     大丈夫。

     ジュリー、こわいし。




——こわい?



だいふく:うん、けっこう、こわいよ。
      うん、ボスだね。




——そうね。頼りにしてるんでしょ?




だいふく:うん。




——みんなと暮らしていて楽しい?




だいふく:うん、楽しいよ。




——知らないワンコが家に居るの嫌じゃないのかな?




だいふく:そっかなぁ?




——イヤじゃないの?




だいふく:おもしろいことあるよ。




——そう?




だいふく:うん。

     なかなか分かってもらえないこともあるんだけどさ、

     それでも、

     いろいろがんばってるなぁって思うし、

     おもしろいよね。




——そうね。いなくなるとさみしい?




だいふく:うん、さみしいね。

     すこーしでもいっしょにいると、

     なんか、心が通じるから。




——そうなんだ。




だいふく:うん。

     あんまり短い間だと、それも少ないから。

     そういう時は「行っちゃったねー」くらいの気持ちだけど、

     しばらく一緒にいると、

     どっかで気になるから、

     いなくなると「いなくなっちゃったんだ」って思うんだよ。




——そうなのね。いろんな思いするね。




だいふく:うん。




——でも、手伝ってくれてありがとう。




だいふく:いいよ。




——他に何か伝えたいことはある?




だいふく:お母さんのお手伝いってね、

     みんな、いろいろしてるんだよ。




——そうなの?




だいふく:うん。

     みんな自分たちのやり方で、お母さんを手伝ってるんだ。




——そうね。助かっているわ。

  助けられているね。




だいふく:うん。

     だからね。

     ぼくたちを頼りにしていいよ。




——そうね、頼りにするわ。




だいふく:うん。

     そうしてくれるとね、ぼくたちみんな、もっとがんばろうって思う。



——そっかぁ、そうだね。

だいふく:うん。



——ありがとう。




だいふく:いいよ。家族だもんね。

——そうね、家族ね。




だいふく:うん!

——私は素敵な家族がいてしあわせよ。




だいふく:ぼくも!




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

もーホント可愛いヤツです(笑)


だいふくは 

まだ4か月のころ知人が飼えなくなって

もらった子です。

我が家へ来た頃マーキングが酷くて

ちょっと可哀想だったけど 7カ月の時に去勢をしたのです。

そのせいか 

来月9歳になりますが まだまだ幼さが残ってて

とっても性格が可愛いんです



あと 

この時 体調の事も聞いたのですが

「お腹の下のあたりが なんか変・・・」 って

言っていたのですが

ビックリな事に このレポートを貰った次の日

血尿をしまして

慌てて病院へ行ったら 膀胱炎でした。

エコーを撮ったら 石はなかったけど

砂が 多く

しばらく お薬と療養食生活をしていたのです。


アニマルコミニュケーションって すごいなぁ~ って

改めて思いました。




今 バンビとアーヴィもお願いしてますので

楽しみにしていてくださいね~



スポンサーサイト
2015.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jullypamad.blog86.fc2.com/tb.php/1234-3a134395